産後の下半身太りを元に戻す方法

出産後にダイエットしているにも関わらず妊娠中と然程変わらず痩せられないと悩んでいる女性は少なくありません。

芸能人の女性ってどうしてあんなに早く出産前の体型に戻せるのか不思議ですよねw

殆どの女性は出産後に体型を戻したいとダイエットに取り組むものの、赤ちゃんの育児が優先になりますから、思うようなダイエットが出来ずじまいです。

夜中も3時間置きにお乳を飲ませなくてはならず、睡眠時間が取れないため、昼間にダイエット運動や簡単なエクササイズをしようと思っても気力が湧かないことだってあります。

産後は下半身のサイズ変化が特に目立ちますから、ウエストや下腹といった腰回りや、お尻や太もも、ふくらはぎといった下半身を集中的にスリムケアをして、産前のスタイルに戻りたいと感じるものです。

下半身は妊娠中に最も脂肪がつく部分で、赤ちゃんを産んでも皮下脂肪はずいぶん残っているのが普通です。

骨盤ベルトの着用

それを元に戻すためにまず最初にやりたいのが骨盤の位置を元に戻すことです。骨盤が開いたままでは内臓が下垂気味になり、体の新陳代謝も悪くなります。下半身の代謝をアップするために骨盤を引締め、皮下脂肪を燃焼しやすくする事です。

そのためにおすすめなのは骨盤矯正ベルトです。巻いているだけで骨盤を正しい位置に引き締めてくれるので、時間を割いて運動する必要がありません。

下半身エクササイズ

次にやりたいのが下半身のエクササイズです。

本来ならウォーキングやジョギングをしたいところですが、家事ばかりでなく育児もあるためご家族の協力がなければひとりで運動する時間は取りにくいでしょう。そんな時は赤ちゃんをベビーカーに乗せて、散歩をするだけでも違ってきます。

散歩をするときには姿勢を正しく保つことを意識します。そして歩幅をやや広めにとるようにして歩くことを心掛けます。姿勢を正すことで骨格の歪みが整ってくると、自然に新陳代謝がアップしてくるからです。

歩くことによって下半身に溜まりがちな老廃物の代謝も促されます。ふくらはぎは第二の心臓と言われますが、歩くことによってリンパの巡りが良くなり、代謝を促進することが可能です。

入浴時のマッサージ

それから入浴時のマッサージも効果的です。

皮下脂肪はそのままケアせずにいると段々と固くなってきてセルライトになってしまいます。こうなってしまうといくら運動しても食事制限をしても脂肪は落ちにくくなってしまうのです。

そうならないためにも、また脂肪を代謝しやすい体に整えるためにも、入浴中にふくらはぎから足の付け根にかけてリンパマッサージを行ったり、お腹やウエストまわりのたるんだ脂肪を絞るようにマッサージすると良いです。

マッサージをする時のコツは、やる前に水を飲むことです。コップ1杯程度の水を飲むことでリンパの流れも良くなりますし、老廃物が尿から排泄されやすくできるからです。

産後の下半身ダイエットは、生活の中に運動やエクササイズを上手に取り入れることで一層成功しやすくなります。

最近ではスマホでもYoutubeが見れますので、腰回りや下半身のエクササイズ動画を探して、自分に始めやすいことから取り組んでみてはいかがでしょうか。