産後ダイエットの必要性と産後太りの原因

産後ダイエットをしっかりすることによって出産以前のスタイルを維持できることは、ママドルなど芸能人やモデルの方々を見ているとよくわかりますね。当サイトでは産後ダイエットを成功させるために知っておきたいポイントを紹介しています。

女性にとって、赤ちゃんという新しい生命を生み出すことは、一生で数回しか味わえない一大イベントです。

しかし、赤ちゃんの誕生はとても嬉しいにしても、産んだ直後から徐々に体重が増えていくのを目の当たりにするのは、かなり切ないものです。

女性は赤ちゃんを出産する時に、どうしても骨盤がゆるみます。赤ちゃんの頭部を骨盤に通すためには、骨盤が開かなければならないからです。骨盤が、全開に開ききった時、赤ちゃんはやっとその先にある産道を通ることができるのです。

出産後の骨盤は少しずつ元の体型に戻ろうとしますが、この時に同時に産後ダイエットに励まなければ、骨盤の周りに余計な脂肪がついてしまうことになります。

産後ダイエットを積極的にしていかなくては、女性の体重は増えていくばかりです。

昔はよく、「産んだら元に戻ったよ」と言っていたものでしたが、現代は違います。昔は出産後1〜2カ月したら農作業などの仕事をすぐに開始していたものです。したがって、太る暇がなかったのでしょう。

しかし現代の女性は育児休暇も1〜3年ほどありますし、ネットスーパーなどの便利な買い物方法もありますので、外出すらあまりしなくなっているのが現状です。このような運動不足に加えて、夜中の授乳で睡眠不足になるため、食欲が増してしまいます。

睡眠不足になると、脳は「眠たい」という状況を「食べる」という欲で補ってしまうのです。そうすると、食欲が増加したように感じられ、夜中に大量に食べてしまう事態を招きます。

産後ダイエットは、早めに開始したほうがよいダイエットです。

産後ダイエットを成功させるには

産後太りで困っている女性

赤ちゃんの出産時に、女性の体重は10キロ〜15キロほど、増加していることが多いです。生まれてくる赤ちゃんの体重が約3キロ程度だとしても、そこからは相当産後ダイエットに励まなければ、妊娠前の体重に戻すことはできません。

産後ダイエットは、どのように行えば成功するのでしょうか。

産後ダイエットを成功させるためには、まず赤ちゃんに母乳を与えることです。これは、母乳を与えることで、カロリーを赤ちゃんに分け与えることができるからです。

しかし母乳を与えているからといって、あまりに高カロリーや高脂肪のものを食べるということをすればもとの黙阿弥です。痩せることはできません。野菜を中心に、肉、魚のといったタンパク質を補いながら、夜は控えめに食事をすると産後ダイエットに成功するでしょう。

また、自分が薬を飲むなどの、赤ちゃんに母乳を与えられないような状況の方もいらっしゃるでしょう。そういった方は、なるべく早く妊娠前と同じような食生活になるように心がけましょう。妊娠中と同じメニューを食べると、ハイカロリーですから、産後ダイエットに成功する確率は落ちていきます。

そして産後ダイエットを成功させるために、もう一つ気をつけておきたいのが、適度に体を動かすということです。軽い運動も取り入れるようにすると、産後ダイエットを成功させることに近づきます。

しかし産後ダイエットは、赤ちゃんのお世話を24時間しながら行わなければなりませんので、体に無理のない範囲でするようにしましょう。

産後ダイエットの方法

産後の体重に悩む女性

「出産後に、あれよあれよと太ってしまった!」というのは、よく聞く話です。女性は出産後にも妊娠中と同じような食事のボリューム量を食べてしまうと、必ず太ります。

赤ちゃんを出産した後は、意識して食事の量を減らすことが、産後ダイエット成功のポイントです。

産後ダイエットの方法としては、いくつかの方法があります。

まずは、食事内容を切り替えることです。妊娠している時と同じような食事メニューではカロリーオーバーになってしまうため、これを避けるようにします。

とはいっても、赤ちゃんの世話を24時間付きっぱなしで行わなければなりませんから、体力も必要です。しっかり食べて、カロリーオーバーしないためには1日3食を普通に食べて、おやつや間食をしないことです。

産後ダイエットは無理をせず、できる範囲内でダイエットします。赤ちゃんに母乳を与えながらのダイエットですから、「まったく食べないで痩せる」などの過激な産後ダイエットは絶対に禁物です。

それでは赤ちゃんに栄養が行き届かないばかりか、自分の健康にも甚大な被害が出ます。産後ダイエットの方法は、絶対ムリをしないで、体がキツくない程度に行うようにしましょう。

そして産後ダイエット方法として、もう一つ工夫するならば、夕食を少し控えて食べるとよいでしょう。そして、運動面では、ベビーカーを押して散歩をしたり、簡単なエクササイズをするなどしましょう。体を動かすことでリフレッシュにもなりますし、筋肉がほぐれてダイエット効果も高めることができます。

産後ダイエットをするときの食事

産後も食べ過ぎる女性

子供を一人産むごとに体重が増え、今では独身時代よりも、プラス10キロ!などという女性も少なくはありません。

妊娠中は、どうしても太ります。体内で赤ちゃんを守ろう、という意識が強まり、脳が体に脂肪をつけさせてしまうからです。しかし、そのついたままの脂肪を放置したままにして産後ダイエットをしないままでいると、体重はどんどん増えていきます。

赤ちゃんを産んだら、しっかりと産後ダイエットしましょう。そうすることで、のちのち体重のことで悩むことはないでしょう。

産後ダイエットを行う時に最も重要なのは、食事の管理です。赤ちゃんを産んでから2〜3カ月間は、約3時間おきに赤ちゃんに母乳やミルクを与えなければなりません。ママたちはこの時期にまとまった睡眠など、一切とることができません。

するとどのような現象が起きるかというと、「食べてしまう」ということが起こります。これは脳が睡眠欲を満たそうとして出来ないと判断した時に、“食欲で睡眠欲を満たそう”とするからです。

ただでさえ赤ちゃんに授乳していてお腹がすくのに、睡眠不足からくる食欲も重なって、とても食べてしまう!という事態に陥ると、体重は以前にも増してどんどん増えていきます。

産後ダイエットする時の食事というのは、このような「欲」にも勝っていかなくてはなりませんから、ストレスがかかりやすいです。食事は赤ちゃんの栄養のため、自分の栄養のためにしっかりと食べてかまいません。ただ、夜遅く食べる食事と、間食を防ぐことができれば産後ダイエットはおのずと成功します。

産後ダイエットのための運動

バランスボールでストレッチする産後の女性

妊娠中にたくさん食べていたおかげで、元気な赤ちゃんを産めたのはよかったものの、その後は体のあちらこちらに付いてしまった脂肪に悩まされるものです。

現在は病院でも、妊娠中の体重管理をしっかりと行うところが増えてきており、出産前までに「プラス7キロくらいまで」と言われるのが一般的なようです。しかしこのプラス7キロまで、というのは案外守られていない難しいもので、たいていの妊婦さんは10キロから15キロは軽く太ってしまいます。

赤ちゃんの体重が3キロ前後だとすると、それ以外の体重は自分の脂肪です。産後ダイエットをして、この余分な贅肉は早めに撃退するようにすれば、出産後に自分の体重で悲しむことはありません。

産後ダイエットは食事をカロリーダウンさせることと、運動を組み合わせることで成功する確率がグンと上がります。かといって、産後ダイエットの運動は激しいことはできませんから、軽いものでいいのです。

赤ちゃんのお世話はおむつ替え、お風呂、授乳と1日中連続して続き、息をつく暇もないほどです。このような生活の中、運動するというのは至難の業ですから、軽い運動でかまわないのです。

赤ちゃんの首がすわる前は、自宅で軽いストレッチ運動をしたり、首がすわった後は赤ちゃんをベビーカーに乗せて散歩するのでもよいでしょう。また、雨が降った時など外に出られない時は、掃除をこまめに行い、体を動かすといったことでもよいので軽い運動は行うようにしましょう。

産後ダイエットと骨盤の矯正の関係

赤ちゃんを出産後、あっという間に太っていた・・・、ということはよくある話です。妊娠中に身についてしまった脂肪は、赤ちゃんを産んだと同時になくなればいいのに、なかなかそうは簡単になくならないのが現状です。産後ダイエットは必ずやっておくようにしましょう。

この産後ダイエットをする時に、骨盤を締めておくと、産後ダイエットがスムーズに運びます。

出産する時、女性の骨盤は赤ちゃんの頭部を通さなくてはならないため、極限まで開きます。そして出産後、その最大限に開ききった骨盤を放っておくと、骨盤が広がったままの状態で固定されてしまいます。開いた骨盤の周辺というのは、脂肪がつきやすいことが分かっていますから、骨盤は必ず元の幅に戻しておかなくてはならないのです。

赤ちゃんを出産後は骨盤の開きを元に戻すために、骨盤の矯正ベルトを着用するなどして、産後ダイエットをしましょう。

最近は妊娠中から骨盤ベルトをしてください、という産院も増えつつありますが、産後にこのような指導をしっかりするように言わないというところもまだあります。

産後ダイエットは、骨盤を矯正することでかなり高いダイエット効果を得られますので、しっかり着用するようにします。そして骨盤ベルトは、できれば一日中着用することをおすすめしますが、睡眠時だけは外すようにしましょう。寝る時は、姿勢が正しく保たれていないことが多いので、骨盤ベルトが正しく働かない場合があるからです。

骨盤矯正

出産後に太ってしまった体を元に戻すために、やっておきたいことがあります。それは、骨盤矯正です。

骨盤矯正するということは、産後ダイエットにとっては欠かせないことです。それはなぜかというと、骨盤矯正をすることによって開いてしまった骨盤を元の幅に戻すことは、産後ダイエットする時に非常に役立つからです。

赤ちゃんを出産した直後から、骨盤というのは収縮していきます。そこで骨盤矯正ベルトや整体やヨガで骨盤矯正することで、骨盤の元の幅に戻すための手助けをすることになるのです。すると、産後ダイエットがスムーズになっていきます。

開いた骨盤のまわりには、すぐに脂肪がまとわりつき始めます。ですから、出産後にこれを防止するために、骨盤矯正することが産後ダイエットにつながるのです。

産後ダイエットに骨盤矯正するためには、通販やドラッグストアなどで販売されている「骨盤矯正ベルト」を利用しましょう。また、ニッパーやガードルでも代用してもよいでしょう。日中は、腰やお腹周りにこれらを着用するようにして過ごします。就寝時は体勢がころころ変わって、骨盤矯正がうまく行われませんから、骨盤矯正ベルトは外した方が賢明です。

妊娠中10カ月の間に開いてしまった骨盤は、また元の幅に戻せばいいのです。ゆっくりと焦らずに、またしっかりと骨盤矯正して、産後ダイエットをしましょう。赤ちゃんのお世話もありますから、産後ダイエットは無理はしないということも大切です。

産後ダイエットはいつからやればいいのか

女性は妊娠中に10キロ以上太ってしまう、ということはザラにあります。いくら病院で体重管理をするように指導されていても、なかなか守ることができません。妊娠中の食欲というものは、赤ちゃんを守るために大変旺盛になりますから、太ることが多いのです。

しかし、「産んだらダイエットすればいいや」と安易に考えていたら、いつまでたっても痩せない!という状況が待ち構えていますので注意が必要です。妊娠中の10カ月の間についた食欲は、そう簡単に落ちるものではありません。産後ダイエットは、いつから開始したほうがいいのでしょうか。

産後は体力が落ちているので、激しい産後ダイエットは出来ません。ですが、出産直後から産後ダイエットを少しづつ開始することが望ましいでしょう。それはなぜかというと、「明日からダイエットするぞ!」とそうは簡単にダイエットを開始できないことが多いからです。

3時間おきの一日中のおむつ替えと授乳、沐浴など赤ちゃんのお世話は待ってはくれません。ママは産んだその日から赤ちゃんの世話で体は疲れきっていることが多いです。なので無理をしてダイエットすることは禁物ですが、軽くダイエットを始めたほうがいいです。

産後2〜3ヵ月頃になると、赤ちゃんの首も座ってきます。赤ちゃんのお世話もだいぶ楽になるので、そのあたりから産後ダイエットを始めるとよいでしょう。それまでの期間は、無理なダイエットはせず体力回復に努めましょう。

健康体でいたほうが産後ダイエットもスムーズに早く進みますので、体調を崩さないことが産後ダイエット開始の大前提です。

授乳中の産後ダイエット

赤ちゃんを産んでから、授乳はすぐに始まります。そしてその授乳中に同時にやってほしいのが、産後ダイエットです。

「授乳中にダイエットしてもいいの?」と思われるかもしれませんが、むしろ産後ダイエットは授乳中から始めるべきです。

かといって激しいダイエットをしなさいということではなく、あくまでもこの時期のダイエットというのは、まず「これ以上太らないこと」に重きを置いたダイエットといったらいいでしょうか。

授乳中はとてもお腹がすくので、太る方がけっこういらっしゃいます。「赤ちゃんに栄養やってるから、太らない!大丈夫!」と思ってバクバク食べていると、明らかにカロリーオーバーになります。妊娠中に付いてしまった贅肉は、体に張り付いたまま取れることはありません。

授乳中から軽い産後ダイエットをすることは、体重を元に戻すうえでも非常に重要なことです。授乳中は赤ちゃんと自分に必要な栄養素を確保しつつ、カロリーオーバーしないように食事を摂ることが大切です。

授乳中に気をつけなければならないことは、栄養をしっかりと取り込みながら1日の総カロリーを摂りすぎないことです。この、「カロリーを摂りすぎない」ことさえ守れれば、それだけで産後ダイエットには成功したといってもいいでしょう。

授乳中は本当にすぐにお腹がすきますから、ずっと食べてしまいがちです。ですが、ここをグッと我慢して食欲をコントロールすると産後ダイエットを成功させることができます。

お腹の産後ダイエット

我が子を出産したのは可愛いけれども、産後についたお腹の脂肪は憎らしいものです。産後は妊娠中についてしまった脂肪に“毎日ため息”が出てしまう、なんてことも珍しくありません。

特にお腹まわりは、赤ちゃんがいた子宮が近いので、最も脂肪が厚くなっている部分です。脳は、妊娠した直後からら赤ちゃんを守るように体に指令を出しますから、必然的に赤ちゃんがいるお腹周りに脂肪をため込むようになるのです。

産後ダイエットにお腹についた脂肪を取るために必要なことはなんでしょうか。

お腹の脂肪は、皮下脂肪がたくさんついた状態ですから、まず、食事面での管理が必要です。赤ちゃんへ授乳中の産後ダイエットになりますから、“全然ご飯を食べない”というダイエット方法はご法度です。

赤ちゃんと自分の体調をみながらの、産後ダイエットになりますから、バランスのいい食事は採るべきです。

産後にお腹を引き締めるためには、食事をバランスよく食べて、お腹の脂肪に働くような運動をすることです。この時の運動は、お腹の脂肪に直接作用するような、軽い運動をすることが望ましいです。

例えば、フラフープを回す、腹筋をする、腰をツイストさせる、大きく腕振り運動をする、などといった運動でよいのです。産後ダイエットは、まったく無理をする必要はありませんし、無理をすると健康を害します。

太ることのないように気をつけて、バランスの取れた食事と、お腹の腹筋に直接働きかけるような軽めの運動を選んで、毎日少しずつ行うようにしましょう。